Featured

フランチャイズで独立するなら

デイサービスや訪問介護のフランチャイズは、とても将来性があります
 
こうした高齢者をターゲットとしているビジネスは
シルバービジネス産業と呼ばれており
大きな成長を期待することが出来る業界になっています

 
こうした成長産業はフランチャイズとの互換性が
とても良いので介護関係のフランチャイズはとても大きな魅力があります

 
訪問介護も今後の高齢者の増加を考えていけば
とても大きなビジネスになります
 
フランチャイズ企業にもよりますが
ある程度の初期投資を求められることになります
 
特にデイサービスなどは施設を作る必要性があるので
かなりの金額が必要になります
 
ただデイサービスなどの場合は、一日に何人ものお年寄りの
面倒をみることになるのでその分、利益が出ることになります

 
訪問介護は一人一人のお宅を訪問していくこになるので
効率性から考えていくとデイサービスの方が良いということになります
 
訪問介護やデイサービスを併用して行っていくと
その分の人件費が必要になります
 
介護レベルによってこうしたサービスを利用する人も
変化するのでどういったターゲット層を顧客にしていくかを
考えることが必要になります

 
フランチャイズは目標設定が容易です
ビジネスとしてはある程度、完成しているので
顧客層や利益なども確定しやすいですし
こうした介護関係のビジネスを行いたいのであれば
競争相手のことなどもきちんと考えておくことが重要になります

 
フランチャイズ

29. 1月 2014 by wisconsinpathologistsociety
Categories: フランチャイズ | Leave a comment

フランチャイズの宅配ピザ店で独立する

フランチャイズで安定した収入が得たいということであれば
やはり宅配ピザです

 
宅配ピザは大きな収入を期待することも出来ますし
安定した仕事を期待することが出来ます
 
特にクリスマスや誕生会などの商品需要はとても大きなものになっていることも魅力的な点です
 
こうしたフランチャイズで独立することを考えれば
まずは魅力的な店舗であるかが大きな問題になります
 
日常で利用したことがあるようなお店はそれだけで魅力があります
採算性や契約内容などもチェックしておくことが必要です
 
フランチャイズの場合は、契約書に記載されていることがその後の全てになります
ピザの場合は、店舗を作るのにある程度のお金が必要になります
初期費用はかかりますが、店舗オーナーという立場になるので大きな実入りを期待することが出来ます
大きく稼ぐということであれば、これくらいの初期投資は必要不可欠になります
ピザは1つの商品の単価が高いので大きな利益率があります

 
デリバリーの場合は、宅配してくれるバイトを雇う必要がありますし
オーダーを受ける人間も必要です
ピザ宅配関係は時給を高めに設定することが多いですし
アルバイトの中でも人気があるのですぐに人手が集まりやすいなど良い面もあります
 
イメージの良さでも、ピザというビジネスは最適なものになっています
こうしたビジネスは今後も高い収益性を期待できるので
多くの人に最適なビジネスモデルになっています

03. 1月 2014 by wisconsinpathologistsociety
Categories: フランチャイズ | Leave a comment

トナーのフランチャイズはあったような

プリンターのインクって無くなるの早いなって思ったことありませんか?

 
会社では結構使うんですけど、自宅のはそんなに使わないのに
結構、なくなるの早いような気がします。

使わないから、ノズルチェックも使うたびに行ったりすると
消費が早いんですかね?

 
4色で使用する機種を使っているんですが
使う色が違うから消費する早さも異なるのはしょうがないにしても
使わない期間がしばらくあくと、直ぐに色に不具合がおきて
ノズルチェックが必要になってインクが早めに無くなるような気がします。

 
自宅で使うときって、年賀状や暑中お見舞いなど
ハガキに印刷するものの時が多いですよね。

もちろん、画像も印刷することも出来ますが
そんなにしょっちゅうは使わないですからね。
インクも純正を使っているですが、非常に高価に感じます。

 
本体が安くインク代で稼ぎたいのはわかりますけど
昔に比べて、結構、台数出ているので
もう少しインクを安くして欲しいですね~

 
できれば、どの機種にも合うように
せめて2,3種類で、互換性あるものにして欲しいですよね。
適合機種が少ないと、その分、インク代に跳ね返ってきますからね。

 
エコな時代で、出来るだけ、互換性のある部品(インク)に
してくれないかな・・・

 
企業により一層、努力してもらうしかなさそうですね!
まぁ、技術的にはとっくに出来ることはわかってますので
後はやるかやあないでしょうね!

19. 12月 2013 by wisconsinpathologistsociety
Categories: フランチャイズ | Leave a comment

Jリーグもフランチャイズ制って言うんだっけ

Jリーグが開幕して、第4節までJ1終わりました。
全ての試合を見ているわけではありませんが、

すでに混戦模様となっています。
残念ながら、昨年の大分のように徳島には辛い現実が
続いていますが、それを除けば、まだまだどのチームにも
巻き返せるチャンスはあるようです。

そのチームも、強みもあるが弱みもあり、
2回続けて戦って、同じ結果になるとは
到底思えません。

ワールドカップ開催年なので、
途中でリーグ戦が中断されることも、
さらに混戦に拍車をかける事になりそうです。

どんな相手でも、5節で勝ち点10をクリアできていれば、
間違いなく上位争いをしていると考えられ、
そのペースを守る事ができれば、勝ち点65を取る事も
可能で、優勝争いには加わっているはずです。

ただ、チーム力が拮抗してきており、
分析も進んでいるので、昨年、上位のチームは
かなり研究されているのが伺えます。

今のままだったらですけど、今年は、もう少し、
優勝チームの勝ち点が下がるかもしれませんね。

中断が2ヶ月もあるし、ワールドカップ後の
移籍や夏場の暑さ加減などもありますので、
はっきりとはいえませんが、昨年以上の展開、
例えば、最終節に優勝の可能性があるチームが
4つくらいあってもおかしくなさそうです。

早々にACL敗退になるところがあったら、
そこは比較的上位に顔を出すかもしれません。

昨年度の上位6チームがやはり中心になりそうですが、
今年は、どの試合も紙一重になりそうです。

リスクを犯してでも、点をとりに行く姿勢がないと
勝ちきるのは難しいという試合が多くなりそうです。

16. 12月 2013 by wisconsinpathologistsociety
Categories: これもフランチャイズ | コメントは受け付けていません。

日本中にフランチャイズのドーナツ屋が…

ベーフルやパンケーキなんかが流行っているけど、
都内でもないかぎり専門店はそんなに目に
する事ってありませんよね。

海外(主に欧米)から入ってきて、数年で消えていく・・・。
中には都内に数店舗だけ、残る事も出来るようですが・・・

でも、日本でどのようなお店が根付くかは
やってみないとわからないかもしれませんよね。

ドーナツ店は長い事、日本に根付いていると
いってもいいかもしれませんね。

日本では、ダンキンがなくなっちゃっいましたが
アメリカではミスドは全て、ダンキンに吸収されて
もう会社としては存在していない
(店舗はブランド名として営業をしている十数店ある)
事はあまり知られていませんよね。

ダスキンはフランチャイズ展開であれほど
大きくなってる成功例の一つだと言えますね

その他にもいろいろなドーナツ店は
アメリカから入ってきているようですが
全国展開できるような店は
そんなに増えていませんね

最近だと、クリスピードーナツが徐々に
全国展開をはかっているようですね

正直、どこのドーナツでも、セールで安くなった
時くらいしか買おうかなとは思いませんけどね。

はっきりって値段は高すぎると思っていますので!
味もそれほどおいしいってのはないですからね

レシピから自分で作った方が
安くておいしいのできますよね!

好きなものをのせたり、入れたり
コーティングしたり、なんでも出来るし
値段も全然安く済みますよね!
友達や親、子どもにも喜んでもらえるので
作った方が何倍も楽しいし喜びも大きいです

米粉使うこと自体も珍しくもないですし
ベーグルやパンケーキもおいしく作りますよ!

そんなに難しくないし、失敗しても
2回目、3回目と作っていくうちにどんどん
上手くなっていくのが楽しいです

これなら、お店始められるかも・・・
なんて勘違いするくらい
上手くできるようになりますね(^^)

15. 12月 2013 by wisconsinpathologistsociety
Categories: フランチャイズ | コメントは受け付けていません。